家づくりサポーターとは

家づくりをご計画の方へ

家づくりを計画している方の味方になって、住まい取得のお手伝いをします。
当社サポーターは、皆様と建築会社の間に立つ中立的立場であるため、皆様の味方ができるのです。

これまでの住まい取得の不安や問題点を解消し、顧客主導の家づくりを提案、サポートしています。
皆様にとって、ブラックボックスの住宅業界の通訳者として、地域に根差した家づくりサポートをします。

今まで地域になかった顧客の味方となる家づくりサポート。
だからこそ、遠慮なくどんなことでも気軽に相談できたり、アドバイスを受けることができます。

※お断り 当社は皆様にとっての家づくりパートナーとしての立場から、営業行為はいたしません。
皆様の了解なしに連絡や訪問をいたしません。


家づくりサポートの成り立ち

Uターンでわかった地元の家づくり

Uターンを機に、地元である十日町市を中心として住宅建築の仕事をしてきました。
最初は、地元の人同士で知り合いが多いため、お客様も住宅会社も気持ちが通った家づくりをしているものだと思い込んでいました。
当初、建物の施工マネジメントに従事していたのですが、専門業者や職人の本音の不満が聞こえ始めたのです。

その後、営業マネジメントへの従事となり、見学会やアフター点検などで、家づくりのお客様との接点が増えると同時に、お客様の本音の不満を多く聞くようになってきました。
(従事していた会社だけでなく、他社で決めたお客様の声も聞いてきました)

Uターン以前は、新潟市や東京都内での住宅建築に従事していました。
この時には、人の繋がりが薄いため、ミスマッチや品質低下などによる問題が多数ありました。
しかし地元では、こんなことはまず起きないだろうと信じていたのです。

人の繋がりが深い地元でも、こと家づくりに関しては、本音で言えないことや、思いの行き違いがあると知ったのです。


家づくりのサポートが必要だと思った

地元の方の多くの意見を聞いているうちに、もっと本音を出して、もっと聞きたいことや言いたいことが遠慮なく言える、
そんな家づくりのサポートが必要なのではないか、そう思い始めてきたのです。

しかし、当時は特定の住宅会社に属している以上、家づくりの本当のことを、お客様に本音で話すことができません。
きっと、お客様もそして建築業者様も、本音で家族の思いに合う、納得のいく家づくりをしたいのではないか。

そう思うようになり、家づくりサポートをすることを決めたのです。


家づくりの問題点とは

  • 問題の本質① 家族の思いを描いていない(思いは、家づくりのスタートであり、ゴールである)
  • 問題の本質② 家づくりの本当の情報をご存じない(情報格差の弊害に気づいていない)
  • 問題の本質③ 家族だけで家づくりを進めようとする(専門的な味方の存在を知らないか、不要と思っている)
  • 問題の本質④ 取引先の目的を誤解している(家族の目的と取引先の目的は、異な場合がある)
  • 問題の本質⑤ 家づくりの選択肢が1つだと思っている(いくつかの選択肢を知って選ぶことができる)

家づくりの成功は、これらの問題を解決することから始まります。
家族の思い(コンセプト)を形にした家づくりと暮らしは、家族主体で行っていかなければならないのです。

それらの問題解決のために、家づくりサポーターは、ご家族と建築業者様の間に立ち、お互いに納得のいく家づくりをサポートします。

思いを共有するチームとなって、ご家族の家づくりプロジェクトを叶える ご家族様ーホームサポートー建築業者様 サポートアドバイス 適正な情報 思いの共有


家づくりサポーターができる5つのこと

  1. 中立的立場による家づくり相談(不安や悩み事の解消)  →無料相談へ
  2. 家づくりを知る・学ぶ(一緒に情報格差を埋める)  →家づくり講座へ
  3. 家族のコンセプトを専門業者と作る(一緒にチームとなって作る)  →新築・建替えサポートへ
  4. 家族の思いに合った住宅会社を選ぶ(家族の基準から選ぶ)  →住宅会社選定サポート
  5. 家族の思いに合ったリフォームをする(お得なリフォーム提案)  →リフォームサポートへ

家族の思いが叶う家づくりとなるよう、しっかりとサポートします。